過払い金請求のスピード解決は、名古屋駅の弁護士にお任せ下さい

過払い金請求とブラックリスト

「過払い金請求をすると、ブラックリストに載ってしまうのではないか?」


そんなご心配をお持ちの方々も多くいらっしゃるかと思います。

そこで、こちらのページでは、過払い金請求とブラックリストとの関係について、解説していきます。


弁護士に御依頼頂き増した場合のブラックリストへの影響は、もう支払いが終わった会社に対する過払い金請求の場合と現在も債務が残っている会社の場合で大きく違いますので、以下、分けてご説明を進めていきます。

支払いが終わっている会社(完済済みの会社)への過払い金請求の場合

既に支払いが完了している会社(完済済みの会社)への過払い金請求の場合、信用情報機関で事故扱いの登録がされることはありませんので、ブラックリストに影響がでることはございません!


以前は、完済の会社に対して過払金請求をした場合でも、信用情報で事故扱いされていたため、ブラックリストに載ってしまうということがありましたが、平成22年に金融庁が通達を出して以降は、過払い金請求を原因としてブラックリストに載せることが出来なくなりましたので、どうぞご安心ください。

支払いが続いている会社(債務が残っている会社)の場合

弁護士に御依頼頂きました時点で、支払い途中の会社(債務が残っている会社)の場合、弁護士が介入したという通知(受任通知)を出した段階で、いったんは信用情報機関に事故として登録されますので、ブラックリストに載った状態になるようです。


ただ、利息制限法の制限金利で計算した結果、過払い金が発生していた場合には、信用情報機関に対してその業者がすでに完済済みという扱いの登録をしますので、ブラックリストへの影響はなくなることになります(どの段階でブラックリストから消えるかは相手方業者によって異なるようです)。


一方で、利息制限法の制限金利で計算した結果でも債務が残るという場合には、弁護士が入って債務整理をしたという事故情報が、分割でのお支払いの期間と完済後5年間は残ることになりますので、分割での支払い期間+5年間はブラックリストに載った状態となります。


なお、カード会社の場合は、たとえキャッシング取引の支払いが完了していても、ショッピング債務と合わせて精算という形になります。

このため、キャッシング取引の過払い金がショッピングの債務よりも多ければ、ブラックリストへの影響が続くことはございませんが、ショッピングの債務の方がキャッシングの過払い金よりも多く残る場合には、ブラックリストへの影響が続くことになりますので、注意が必要です。


ブラックリストに載った場合、どうなるのか?

ブラックリストに載った場合は、新しいカードの申し込みやローンの申し込みの際の審査が通りにくくなる可能性があります(具体的にはカード会社やローン会社の判断となります)。


また、既にお持ちのカードが更新の時期になった場合、審査が通らずにカードの更新が出来なくなる可能性があります。


ただ、以上のように借り入れに関する場面でのみの影響にとどまりますので、日常生活には影響は出ません。

銀行口座が使えなくなることもございませんし、住民票に「×」などの印が入るわけでもありません。


現在利息のみを支払っていて、完済の見通しが立っていない方は、上記のようなブラックリストのデメリットを考えても、弁護士に債務整理をご依頼された方が良いケースも多くありますので、しっかりとメリットとデメリットをお考えの上、弁護士に御依頼されるか否かをご決断頂ければと思います。


なお、繰り返しになりますが、支払いが終わった会社(完済済みの会社)への過払い金請求については、ブラックリストに載ることはございませんので、どうぞご安心ください!!



片山総合法律事務所

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

詳しい事務所概要を見る

片山総合法律事務所の外観

過払い金返還請求に強い弁護士

弁護士 片山木歩

(愛知県弁護士会所属)

 

弁護士紹介

過払い金請求・対応地域

  • 愛知県(名古屋市など)
  • 岐阜県(岐阜市など)
  • 三重県(津市など)
  • 静岡県(浜松市など)

過払い金無料相談のご予約

TEL:052-533-3555

受付:平日10:00~17:30

ネットからのご予約はこちら

 

※法律相談は完全予約制です。

休業日

土曜、日曜、祝日