過払い金請求のスピード解決は、名古屋駅の弁護士にお任せ下さい

過払い金の基礎知識

過払い金。みなさんテレビやラジオのCMなどで一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

消費者金融(サラ金)は、おおむね平成19年以前に取引が始まった方については、利息制限法の制限金利を大幅に超えるとても高い金利で貸し出しを行っていました。

 

このため、消費者金融(サラ金)の借金を返し終わった方や、現在借金が残っていても取引期間が15年以上と長い方は、払い過ぎの金利である「過払い金」が発生している可能性が高いのです。

 

過払い金請求の主な相手方貸金業者は、以下の通りです。

 

  • アコム
  • プロミス・ポケットバンク=三洋信販(現在はSMBCコンシューマーファイナンス)
  • レイク(現在は新生フィナンシャル)
  • CFJ(ディック・アイク・ユニマット)
  • シンキ(ノーローン)
  • アイフル(ライフカードも)
  • ユニーファイナンス(FITカード)

 

また、意外と知らない方が多いのですが、カード会社のキャッシングでも、おおむね平成19年以前は、違法金利を取られていたため過払い金が発生しているケースが多くあります。

 

これまでに過払い金を回収した主なカード会社は、以下の通りです。

 

  • 三菱UFJニコス(ミリオンカード・日本信販等)
  • オリエントコーポレーション(オリコカード・アメニティカード等)
  • セディナ(セントラルファイナンス・OMC(オーエムシー)・クオーク)
  • クレディセゾン(セゾンカード・UCカード)
  • イオンクレジット(イオンカード)
  • アプラス
  • UCS(ユニーカード)
  • ニッセン・ジー・イー・クレジット(マジカルクラブカード)
  • 丸井(エポスカード・ゼロファースト)
  • ベルーナ
  • ポケットカード(マイカルカード・ファミマカード)
  • SBIイコールクレジット
  • 山陰信販

 

お心当たりはありませんか?

 

過払い金は、最終取引日から10年経つと時効になってしまい、相手方業者から取り返すことができなくなってしまいます。

また、取引の途中に空白期間があると、その分早く時効になってしまう可能性もあります。

 

さらに、相手方業者の経営状況は年々厳しくなっています。武富士のように倒産してしまうと、過払い金はほとんど戻ってこなくなってしまいます。

 

過払い金は待っていても、全額が返ってくることはありません!

 

迷っていても何も始まりません。

まずは、過払い金を取り戻すための行動を起こしましょう!

 

「過払い金」というのは、利息制限法を超える金利で借りたり返したりを繰り返した場合に、みなさんの側から貸金業者に対して払い過ぎてしまったお金のことです。

 

利息制限法という法律では、お金を貸す場合の金利の上限について、次のように定めています。

  • 元本の額が10万円未満の場合・・・年20%
  • 元本の額が10万円以上100万円未満の場合・・・年18%
  • 元本の額が100万円以上の場合・・・年15%

 

ところが、アコムやプロミス、レイク、アイフル、CFJ、シンキなどの消費者金融(サラ金)やニコスやオリコ、セディナ(セントラルファイナンス・オーエムシー)などのカード会社のキャッシングは、以前は(おおむね平成19年以前は)、年20%台後半のとても高い金利でお金の貸し出しを行っていました。

  

このため、消費者金融やカード会社に借りていた借金を返し終わった方や消費者金融やカード会社のキャッシングを高い金利のまま15年以上利用されている方は、ご本人の知らない間に多額の過払い金が発生している可能性があるのです

  

この「ご本人の知らない間に」というのが大きなポイントです。

過払い金が発生していても消費者金融(サラ金)やカード会社は一切教えてくれません

 

 

平成19年以前に消費者金融から借入をして、既に支払いを終えた方は、過払い金が戻ってくる可能性があります。

さらに、もう15年以上消費者金融から借りて返してを繰り返している方は、現在の債務が全部消えた上で、過払い金が戻ってくる可能性があります。

 

過払い金は待っていても全額戻ってくることはありません。

また、支払いが完了した会社の場合、信用情報に傷がつく(いわゆる「ブラックリストに載る」こともございません!

まずは、名古屋駅の弁護士・過払い金の無料相談にお越しください。

 

アコム・プロミス・レイクに対する過払い金請求に特に力を入れています

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所では、消費者金融のアコム・プロミス・レイクに対する過払い金請求に特に力を入れています。

 

アコム・プロミス・レイクとの取引が平成19年4月以前から続いている方や、平成19年4月以前からの借入を完済した方は、名古屋駅前・片山総合法律事務所までご相談ください。

 

■過払い金請求の「時効」に注意が必要です!

この過払い金、いつまでも請求できるものではないんです。

 

過払い金は、最後に取引をした日から10年時効にかかってしまい、相手方業者から取り戻すことが出来なくなってしまうのです。

 

たとえば、平成17年5月10日に返し終わった人は、平成27年5月10日で時効になってしまい、法律的に過払い金の回収が困難になります。

  

「まだまだ大丈夫」と思っていても、10年間は意外とあっという間です。

 

借金を返し終わった人は、色々悩まずに早めに過払い金を請求しましょう!

  

▼途中で全部支払ったことがある方はさらに注意が必要です!

 「最後に返してから10年ならまだ大丈夫」。

 そんな方も注意が必要です。

 

取引の途中で一度借金を全部返して、再度の借り入れまでブランク(空白期間)がある場合。

 相手方の貸金業者は「取引が2つにわかれる」と主張してきます。

 

仮に判決で貸金業者の主張が認められた場合、 一度全額返したのが10年以上前だと前半部分の取引は最終取引日から10年が経過することになってしまうため、前半部分の過払い金が1円も回収できないという事態も起こりうるのです。

 

「過払い金」については、じっくり待っても良いことはあまりありません。

 

1日でも早く過払い金請求に着手しましょう! 

■相手方貸金業者の経営破綻に注意が必要です!

  • 武富士   平成22年9月 会社更生法の適用申請
  • 丸和商事(ニコニコクレジット)  平成23年4月 民事再生法の適用申請
  • SFコーポレーション(旧三和ファイナンス) 平成23年8月 破産手続開始決定
  • ニッシン(NISグループ) 平成24年11月 破産手続開始決定
  • クラヴィス(旧リッチ・ぷらっと) 平成24年7月 破産手続開始決定
  • クロスシード(旧ネオラインキャピタル) 平成25年12月 破産手続開始決定

 

この数年でも、大手の武富士や中堅の丸和商事(ニコニコクレジット)など相手方貸金業者の経営破綻が急速に進んでいます。

  

過払い金は相手方業者の経営が破綻してしまった場合、全額を取り戻すことはまず不可能です。

 

例えば武富士の場合、返還率は3.3%だけでした。

仮に100万円過払い金が出ていたとしても、3万3000円しか戻ってこなかったのです。

 

丸和商事の場合、返還率は1.65%でした。

同じように仮に100万円過払い金が出ていたとしても、戻ってくる金額はたったの1万6500円です。

 

このように相手方業者の経営が破綻してしまってからは、過払い金の請求は手遅れとなってしまうのです。

  

この他の現在も続いている貸金業者も、今後いつ経営が破綻してしまうかわかりません。

  

過払い金請求に着手するのに数か月遅れただけで、回収できる過払い金の金額が数百万違ってしまうという事も考えられるのです。

 

過払い金の時効はまだだからと言って安心せずにまずはお早めに過払い金の無料相談にお越し頂ければと思います。

 

  

■カード会社のキャッシングでも過払い金が発生します!

「過払い金」というと、アコムやプロミス、レイクなどの消費者金融(サラ金)からの借入の場合を思い浮かべる方も多いと思います。

 

でもこの過払い金、実は、クレジットカードのキャッシングでも発生します。

 

今は利息制限法の制限金利内(年18%など)になっていても平成19年より前は高い金利(年24%など)で貸し出していたカード会社がたくさんあるのです。

  

これまで当事務所で過払い金を回収した主な会社は、以下のとおりです。

 

  • 三菱UFJニコス(日本信販、マイベストカード、シェルスターレックスカードなど)
  • クレディセゾン(セゾンカード・UCカード)
  • イオンクレジットサービス(イオンカード)
  • セディナ(セントラルファイナンス(CFカード)、OMC(オーエムシー)カード、クオーク)
  • オリエントコーポレーション(オリコカード、アメニティカードなど)
  • アプラス
  • アプラスパーソナルローン
  • ライフカード(ライフカード、プレイカードなど)
  • エポスカード(丸井カード)
  • ゼロファースト(丸井カード)
  • UCSカード(ユニーカード)
  • 楽天カード
  • KCカード(国内信販)
  • ポケットカード(マイカルカード)
  • JCB(取引の非常に古い方)
  • 出光クレジット
  • SBIイコールクレジット
  • 中部しんきんカード
  • ニッセン・ジー・イー・クレジット(マジカルクラブカード)
  • ムトウクレジット
  • 三井住友カード(取引の非常に古い方)
  • 十六ディーシーカード

 

以上のカード会社で、平成19年以前にキャッシングを利用していた方や取引期間が10年、20年と長い方は、一度、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所にご相談いただければと思います。

 

なお、クレジットカードのショッピングや車やエステのローンでは、過払い金は発生しませんので、ご注意ください。

 

片山総合法律事務所

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

詳しい事務所概要を見る

片山総合法律事務所の外観

過払い金返還請求に強い弁護士

弁護士 片山木歩

(愛知県弁護士会所属)

 

弁護士紹介

過払い金請求・対応地域

  • 愛知県(名古屋市など)
  • 岐阜県(岐阜市など)
  • 三重県(津市など)
  • 静岡県(浜松市など)

過払い金無料相談のご予約

TEL:052-533-3555

受付:平日10:00~17:30

ネットからのご予約はこちら

 

※法律相談は完全予約制です。

休業日

土曜、日曜、祝日